うるうる瞳にするには下まつ毛の付け根にラメを乗せる

スポンサーリンク

男性は女性の「うるうる瞳」に大変弱いものです。

 

しかし実際にいつでもどこでも瞳をうるうるさせるのは難しいと言うか不可能に近いです。

 

ずっと泣いているわけには行きませんし、目薬を差し続けるわけにも行きません。


ではどの様にして「うるうる瞳」を持続していくのかと言いますと、下まつ毛の付け根にラメを乗せるとうるうる効果を発揮する事ができるのです。

 

下まつ毛の付け根に付いたラメが光反射して瞳がうるうるしている様に見えるのです。

 

その為、ワザワザ目薬を必要ともせず泣いている必要も無く瞳をうるうるしているように見せることができるのです。

 

うるうる瞳にすると男性は守ってあげたくなる衝動が起きるので、勝負事の際にはしっかりと下まつ毛の付け根にラメを乗せるようにしましょう。

 

下まつ毛の付け根に乗せるラメの色ですが、ラメならどんな色でも良いのです。

スポンサーリンク

ですが、一番おくの黒目に反射して印象を与える色としてはパール色やホワイト色など黒目に対して対照的なカラーがうるうる効果を期待する事が出来るでしょう。

 

瞳がうるうるする事なんてあり得ないと思っているかもしれませんが、モテる女になりたいのでしたら騙されたと思って一度ラメを下まつ毛の付け根に乗せてみてください。


自分の瞳がうるうるしているのにきっと驚くはずですよ。

 

無理に瞳を涙目にしたり、目薬をマメにつけたり面倒な行為をしなくてもラメを軽く乗せるだけでモテる女のメイク術を攻略する事ができるので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションも色によって使い分けができる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイラインの引き方や太さの調節が重要
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
簡単ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン