MENU

高校生の可愛いメイクの仕方

スポンサーリンク

高校生といえば、そろそろメイクに興味が出てくる頃です。
早ければ、中学生の頃からメイクをしているという子もいます。
ですが、せっかく若いのに、それを生かさずに、濃いメイクをしている子などもいますが、それは少し早いです。
せっかく若いのですから、それを生かすような、高校生に見合った可愛いメイクをすべきです。


では、可愛いメイクの仕方について紹介します。
まず、肌はとてもきれいなことが多いです。
若さが一番出る場所ともいえます。
ですので、過剰なファンデーションなどは必要ありません。
薄く塗るだけでもいいのです。
肌がきれいだというのであれば、日焼け止めだけを塗るというのもいいです。
日焼け止めについては、後々のことを考えてしておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

ニキビ跡などを隠したいというのであれば、コンシーラーなどでその部分を隠し、その上から薄くファンデーションを塗るという方法があります。
そして、アイラインなどを使う場合にも、あまり濃くしなくてもいいです。
マスカラだけでも、目元を強調することは出来ます。
ですので、マスカラを薄く塗るだけでも目元は華やかになります。


次に、唇についてです。
元から唇の色があまりよくないというのであれば、色つきのグロスやリップなどを塗るといいです。
そうすれば、元の唇の色はカバーすることができます。
元から発色の良い唇をしているのであれば、透明のグロスなどを塗るといいです。
若さと言う魅力があるのですから、それを前面に押し出すようなメイクが一番です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加