MENU

簡単ナチュラルメイクの仕方

スポンサーリンク

つけまつげ、カラコン、茶髪などが普通になってしまい、町にはテレビや雑誌で見かけるようなお人形さんのような女性が溢れるようになりました。
きれいなものを見て素敵だな、いいなと憧れる気持ちは女性なら誰でも抱いてしまうものです。
しかし、それが一概に異性にモテるとは言えません。
素顔に近い、まるで化粧をしていないようで実はしている、そんなナチュラルメイクの女性を好む男性は意外と多いです。


ですからもしも異性を振り向かせたくて綺麗になりたいと願うのであれば、間違ってもテレビや雑誌のモデルさんなんかをお手本にしてはいけません。
あれはショーのためのメイクなのですから。
男性は作りこんだ見せかけの綺麗よりも女性の素、飾らないありのままが見たいのです。
ここでは間違えない簡単ナチュラルメイクの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

ナチュラルメイクの基本はすべて自分に近い化粧品を選ぶことです。
たとえばファンデーションやリップは自分の肌に一番近いものを選び、ラメなどがついているものは使用しません。
化粧なのですから自分を着飾りたい、もっともっと綺麗にとなってしまいがちですが堪えてください。
塗るときは適量を取り、整える程度に塗ることを心がけましょう。
眉毛はなるべくいじらず整えるだけで充分です。
素顔になったら眉毛がなかった、は最も嫌がられますから、ない人は今からでも生やしましょう。


一番重要なのはアイメイクです。
目元は一番印象を変えるので多くの化粧品がありますが、あれこれしてしまうとナチュラルではなくなるので必要最低限のアイシャドウ、マスカラで十分です。
アイシャドウの色はブラウンがよりナチュラルです。
アイラインはアイシャドウで代用できますが必要ならリキッドではなくペンシルタイプを使い、瞼の中心から目尻までをなぞるように書くだけで効果はあります。
メイクのコツは以上です。
素顔が一番と自分に呪文をかけながらやってみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単ナチュラルメイクの仕方関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションも色によって使い分けができる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイラインの引き方や太さの調節が重要
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン