ファンデーションも色によって使い分けができる

スポンサーリンク

ファンデーションを買うとき、あなたはどのような基準で色を決めているでしょうか。

 

ファンデーションの色を決めるときに見るとよい部分は首と言われています。

 

首と同じ色のファンデーションを基本として、この色よりも少し明るいトーンの色と暗いトーンの色を選びましょう。


このようにファンデーションは1色ではなく、色によって使い分けることが重要なのです。

 

例えば、顔は鼻や目があることで明るい部分と暗い部分に分かれます。

 

よって、顔の部分によっては、明るいファンデーションを使い分けることでハイライト効果をもたらすことができ、よりお顔をはっきりとさせることができます。

スポンサーリンク

また暗いファンデーションは、顔の輪郭などのアウトラインに使用することで小顔効果があると言われています。

 

このようにファンデーションの色を使いわけることで、あなたのお顔はより一層はっきりをしたキレイなお顔になるでしょう。

 

また、ファンデーションの色によっては、女性の多くの方が悩んでいる肌トラブルを解決することができると言われたています。


肌のくすみが出てきて、暗い感じになって心配している方は、ピンクベージュのファンデーションを使用してみるとよいでしょう。

 

赤ら顔で悩んでいる方はベースが黄色のファンデーションをつかうことで、自然なお肌の色に変えることができます。

 

ファンデーションの色を使い分けることで、顔をはっきりとしたメイクにすることもできますし、自然なメイクもすることができるので、慎重にファンデーションの色を選び、明るい場所でメイクしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンデーションも色によって使い分けができる関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイラインの引き方や太さの調節が重要
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
簡単ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン