ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう

スポンサーリンク

ベースメイクを仕上げる時にファンデーションを使用しますが、ファンデーションには粉のパウダーファンデーションとリキッドファンデーションがあります。

 

この二つの種類のファンデーションを上手に使い分ける事によって、モテる女になるために綺麗にメイクを仕上げる事ができるのです。


まず粉のファンデーションですが、忙しい時や、出先のメイク直しで使用すると良いでしょう。

 

冬場の感想する時期にもカバー力の強い粉のファンデーションがおススメです。

 

粉のファンデーションは角質を傷めないように肌に軽く叩きつけるように使用しましょう。

 

つぎにリキッドタイプのファンデーションですが、水気に強いので汗をかきやすい時期に使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

夏場は汗をたくさんかくので、リキッドファンデーションを使用する事によって、メイク崩れを防ぐ事ができます。

 

肌のトラブルで悩んでいる場合もリキッドファンデーションがおススメです。

 

スポーツの時も汗をかくので、リキッドファンデーションを使用する事をおススメします。


同じファンデーションでもモテる女はTPOに合わせて粉ファンデーションを使用したり、リキッドファンデーションを使用したりと替えています。

 

上手に使い分ける事によって、メイク崩れの無いいつまで透き通った肌をベースメイクによって演出する事ができるので、突然気になる男性にあってもメイク崩れを心配する事無く会うことができるのです。

 

モテる女はファンデーションの選び方までこだわっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションも色によって使い分けができる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイラインの引き方や太さの調節が重要
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
簡単ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン