アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる

スポンサーリンク

化粧品の中でも、選ぶのが難しいと言われているのが、アイシャドウです。

 

なぜ選ぶのが難しいかと言うと、色によっては厚化粧で派手な印象を与えてしまいますし、また逆にナチュラルな印象も与えることができるからです。

 

アイシャドウは、たくさんのさまざま色があります。

 

アイシャドウの色は、季節や気分、服装などによって色を選ぶのです。


しかし、この色選びを間違ってしまうと、派手になりすぎたり、肌になじまない色であると浮いて見えたりと失敗してしまうこともあります。

 

派手になりすぎないように落ち着いた色を選んだとしても、くすんできた目にしてしまうと目元がどんどん暗くなってしまうので逆効果になってしまいます。

 

このような失敗がないように、あなたにあった色をある程度知っておく必要があるようです。

 

アイシャドウを使う際に年齢で使用する色を変えてみるのも良いようです。

スポンサーリンク

20代ではブラウンやグレーといったダークカラーを使用して、ナチュラル感を出してみても良いでしょう。

 

しかし、30代に入ると目元のくすみが気になってくる方もでてきます。

 

目元がくすんでいる場合に、ダーク系のカラーのアイシャドウを使用すると、くすみやクマが目立ってしまいます。


せっかくのアイシャドウのメイクがどんどん暗い印象を与えてしまうといった効果になってしまうと逆効果ですよね。

 

少し明るいハイライトの色を使うことで目元のシャープ感や目ヂカラを出すと、若々しい目元になるでしょう。

 

しかし、あまりにも明るいと若作りしすぎではないかといった印象にもなるので注意してください。

 

どのような色のアイシャドウがあなたに合うのかたくさんの色を試してみて目元のメイクを楽しみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションも色によって使い分けができる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイラインの引き方や太さの調節が重要
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
簡単ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン