アイラインの引き方や太さの調節が重要

スポンサーリンク

アイラインを引く目的は目を大きく見せるためです。

 

しかし単に目を大きく見せるだけではなくて丸く大きく見せたり、シャープに大きく見せたりと様々な方法で大きく見せることが出来るのです。

 

アイラインの引き方や太さによって、目の形や大きさも変わってくるので自分好みの目にする為に調節をしながら大きな目を演出させましょう。


まず、丸くクリクリとした目に見せたいときはまぶたの部分の真ん中の位置を太くアイラインを引きましょう。

 

真ん中の部分を太くすると目が丸く大きく見えます。

 

可愛らしい印象を与えるメイク方法なのです。

 

目頭から目じりまでしっかりとアイラインを入れる必要がありますが、目頭だけは太くラインを付けましょう。

スポンサーリンク

次にシャープに大きく見せたい場合は、目じりを中心に太くラインを入れましょう。

 

目じりを濃くかくことによって、シャープな目元を印象付けるのです。

 

その際に目尻は上げて描くようにしましょう。

 

そうすると釣り目のシャープな印象に仕上げる事ができるのです。

 

目尻を下げて描くと目元の下がった垂れ目の印象になります。


アイラインの引き方や太さによって目が変わってくるので、その日の気分で目印象を変えてみるのも面白いかもしれません。

 

アイラインは引き方や太さによって、顔の印象を変える事が出来るので自分の好みの目元になるように太さや長さを調節しながら研究する事によってモテる女になることができるでしょう。

 

「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、アイラインを引く時は気合を入れましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイラインの引き方や太さの調節が重要関連ページ

メイクは化粧下地で化粧ノリがかわる
上手にメイクをすればメイク崩れもなくなる
ファンデーションも色によって使い分けができる
ファンデーションは季節によって使い分けましょう
ファンデーションは粉とリキッドで上手く使い分けよう
ファンデーションの使い方でホウレイ線も隠せる
ファンデーションの二色使いで小顔に変身
コンシーラさえ使いこなせばシミやニキビも隠せる
ハイライトの入れ方で顔の印象が違う
チークは乗せる場所によって小顔になれる
メイクはどんな仕上がりにするかで変わる
メイク直しにはフェイスパウダーが大活躍
眉毛の描き方で見た目の印象が変わる
アイメイクだけでタレ目にもツリ目にもなれる
アイシャドウは使い方で厚化粧にもナチュラルにもなる
くっきり二重にしたいならアイプチや二重ファイバーは必須アイテム
グロスを使ってキスしたくなるような唇に仕上げましょう
うるうる瞳にするときは下まつ毛の付け根にラメを乗せると効果的
ばっちりアイメイクにはヌーディーな口紅がおススメ
口紅も重ね塗りで自由自在に色が作れる
簡単ナチュラルメイクの仕方
ナチュラルメイクでデカ目になる
アイプチしたナチュラルメイクで自分に自信を持つ
カラコンなしで簡単ナチュラルメイク
綺麗な化粧の仕方について
ナチュラルメイクの仕方のポイントは眉のライン