メイクはチークの色で顔の印象が変わる

スポンサーリンク

メイクをする上で大事なのは全体的な顔の印象を明るくすることです。

 

モテる人はいつでも明るい表情をしているハズです。

 

そんなときに簡単に顔の表情を明るくできるのがチークになります。

 

チークはいつもとは顔の印象を変えたいとき、そんなときにも最適ですよね。


口紅の色やアイメイクの色を変えることはあってもチークの色を変えることはあまりないのではないでしょうか。

 

スイートに可愛く仕上げたい場合には、ベビーピンク色のチーク、健康なヘルシーさを演出するにはオレンジチーク、パーティのときなど華やかさを出す際には細かなパールの入ったものを使い、キラキラした輝きを出します。

 

そして、チークは顔のイメージを変えるだけではなく、小顔効果も期待できます。

スポンサーリンク

濃い暗めのオレンジ系の色を頬骨のしたあたりに塗ると陰影により小顔に見えます。

 

チークは顔の中心に広い面積で入れるので、一番人の視線が集まります。

 

基本的にはチークは笑ったときにもっとも高くなる頬骨の位置に入れましょう。

 

そして丸く入れて頬にふんわりと馴染ませます。

 

ですが、メイクによってはあえて平たく入れたり縦に入れたりする場合もあります。


難しい場合は、メイク系の雑誌などを参考にしましょう。

 

メイクの順番はベースメイクが終わった後です。

 

アイメイクや口紅よりも先にチークをしましょう。

 

バランスが重要なので、チークを濃い目に入れる場合はアイメイク、口紅は控えめにして、逆にチークを薄めに入れる場合はアイメイク、口紅を主役にしたメイクをしましょう。

 

その日のファッションやメイクによって色を合わせたチークを入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加