メイク直しは厚塗りになりやすいので要注意

スポンサーリンク

朝メイクをしてもどうしても化粧崩れを起こしてしまって、メイク直しを必要とする場合があります。

 

その時はもちろんメイク直しをしなくてはなりません。

 

ノーメイクよりもメイクが崩れてしまった顔の方が、モテる女に近づく事は出来ないかもしれませんからね。

 

では、メイク直しの注意点としてメイク直しは意識してしないと厚塗りになりやすいので注意しましょう。


メイク直しは一度メイクをしている上からまた塗るので、どうしても厚塗りになってしまいます。

 

特にファンデーションの場合、薄く塗ったつもりでもメイク直しの時は厚塗りになります。

 

その厚塗り防止のためには、パフにとったファンデーションを一度手の上に乗せるなどして極力減らすようにしましょう。

 

手の上でパフにのったファンデーションを落とす事によって、顔につけるファンデーションの量が減るので薄く塗ることが出来るのです。

スポンサーリンク

ペンシルで書くもの意外全ての工程をこのようにする事によって、自然に厚塗りにならないようにメイクを施す事ができるのです。

 

もしどうしてもメイク直しで化粧が厚塗りになってしまった場合は、化粧水などで少し抑えることによって厚塗り感を抑えることが出来ます。

 

粉っぽさを抑えることのよって厚塗り感も抑えることが出来るのです。


メイクを直すときはどうしても厚塗りになりやすいので、メイク直しをする際はメインの時間よりも少し早めにしてメイクが自然に馴染むまで時間をおく方法も良いでしょう。

 

たとえ崩れたメイクだとしても元々メイクをしている事を意識してメイク直しをするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加